龍宮の乙姫と浦島太郎

日本最古の書物である古事記や日本書記にも記されている龍宮乙姫と浦島太郎の物語。
亀を助けた浦島太郎が海の中にある龍宮城に招かれたあと、元いた浜に戻り、乙姫からもらった玉手箱をあけると一瞬にして太郎は白髪のお爺さんに変わってしまう‥‥‥

物語の大きな魅力を成す奇想天外な筋立てと随所に散りばめられた謎は、それゆえに、これまでさまざまに解釈が試みられてきました。

本書は、こうした〝解読史〟の最先端に位置付けられる試みのひとつといえますが、類書と一線を画す、本書ならではの読みどころは、現代言霊学の碩学、小笠原孝次と七沢賢治のお二人による、約80年の時をこえたコラボレーションかもしれません。

日本語の古語の力の解明に取り組んできた現代言霊学の成果を全編を貫く縦糸として明確に配置しながら、古今東西の古代史から最先端の物理学に至る、関連する諸学の成果を横糸として自在に張り巡らしていくことで、編み上げられ、ひとつの絵となって浮かびあがってくる龍宮乙姫と浦島太郎の物語の〝深層〟!

物語成立の背景にあった日本と東アジアの、これまで語られてこなかった歴史の真相、現代日本がこれから進む道筋を暗示するもの‥‥‥など、話題はさまざまに展開します。
伝承の始まりから約2000年もの間、物語に秘められてきた「もうひとつの浦島伝説」が〝まるで絵画の下絵のように〟浮き彫りになってきます。

まるで名探偵による〝暗号〟の読み解きを見るような、スリリングな展開、ひとつの語に幾層もの意味を重ねられる日本語の奥深さなどもあわせて味わっていただきながら、〝まったく新しい浦島太郎の物語〟を楽しんでいただけたらと思います。
  • 龍宮の乙姫と浦島太郎

  • B027
  • 2,970円(税込)
  • 在庫あり
  • 日本最古の書物である古事記や日本書記にも記されている龍宮乙姫と浦島太郎の物語。
    亀を助けた浦島太郎が海の中にある龍宮城に招かれたあと、元いた浜に戻り、乙姫からもらった玉手箱をあけると一瞬にして太郎は白髪のお爺さんに変わってしまう‥‥‥

    物語の大きな魅力を成す奇想天外な筋立てと随所に散りばめられた謎は、それゆえに、これまでさまざまに解釈が試みられてきました。

    本書は、こうした〝解読史〟の最先端に位置付けられる試みのひとつといえますが、類書と一線を画す、本書ならではの読みどころは、現代言霊学の碩学、小笠原孝次と七沢賢治のお二人による、約80年の時をこえたコラボレーションかもしれません。

    日本語の古語の力の解明に取り組んできた現代言霊学の成果を全編を貫く縦糸として明確に配置しながら、古今東西の古代史から最先端の物理学に至る、関連する諸学の成果を横糸として自在に張り巡らしていくことで、編み上げられ、ひとつの絵となって浮かびあがってくる龍宮乙姫と浦島太郎の物語の〝深層〟!

    物語成立の背景にあった日本と東アジアの、これまで語られてこなかった歴史の真相、現代日本がこれから進む道筋を暗示するもの‥‥‥など、話題はさまざまに展開します。
    伝承の始まりから約2000年もの間、物語に秘められてきた「もうひとつの浦島伝説」が〝まるで絵画の下絵のように〟浮き彫りになってきます。

    まるで名探偵による〝暗号〟の読み解きを見るような、スリリングな展開、ひとつの語に幾層もの意味を重ねられる日本語の奥深さなどもあわせて味わっていただきながら、〝まったく新しい浦島太郎の物語〟を楽しんでいただけたらと思います。
  • 龍宮の乙姫と浦島太郎

  • 販売価格 2,970円(税込)
  • 商品コード: B027
  • 日本最古の書物である古事記や日本書記にも記されている龍宮乙姫と浦島太郎の物語。
    亀を助けた浦島太郎が海の中にある龍宮城に招かれたあと、元いた浜に戻り、乙姫からもらった玉手箱をあけると一瞬にして太郎は白髪のお爺さんに変わってしまう‥‥‥

    物語の大きな魅力を成す奇想天外な筋立てと随所に散りばめられた謎は、それゆえに、これまでさまざまに解釈が試みられてきました。

    本書は、こうした〝解読史〟の最先端に位置付けられる試みのひとつといえますが、類書と一線を画す、本書ならではの読みどころは、現代言霊学の碩学、小笠原孝次と七沢賢治のお二人による、約80年の時をこえたコラボレーションかもしれません。

    日本語の古語の力の解明に取り組んできた現代言霊学の成果を全編を貫く縦糸として明確に配置しながら、古今東西の古代史から最先端の物理学に至る、関連する諸学の成果を横糸として自在に張り巡らしていくことで、編み上げられ、ひとつの絵となって浮かびあがってくる龍宮乙姫と浦島太郎の物語の〝深層〟!

    物語成立の背景にあった日本と東アジアの、これまで語られてこなかった歴史の真相、現代日本がこれから進む道筋を暗示するもの‥‥‥など、話題はさまざまに展開します。
    伝承の始まりから約2000年もの間、物語に秘められてきた「もうひとつの浦島伝説」が〝まるで絵画の下絵のように〟浮き彫りになってきます。

    まるで名探偵による〝暗号〟の読み解きを見るような、スリリングな展開、ひとつの語に幾層もの意味を重ねられる日本語の奥深さなどもあわせて味わっていただきながら、〝まったく新しい浦島太郎の物語〟を楽しんでいただけたらと思います。
数量

カートに入れる

Copyright © 2020 neten株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ