【売約済】井坂健一郎 間(あわい)にたゆたう 別天水使用 水彩画 -1709D(直径20cm)

※売約済

本作品は、2017年11月に井坂 健一郎 展“間(あわい)にたゆたう”で展示された一点物の作品。全作品の裏側にIsakArtのロゴ入りチタンプレートを内蔵しており、その中チップが含まれています。チップには、空間のイヤシロチ化、創造性、感受性の最適化など様々な構文が含まれています。
※実際に展示会で使用された作品のため裏面に若干のキズ、スレ等がございます。

■作家コメント
日常、身の回りに様々な「間」が現れます。
物理的な「間(ま)」、時間と時間の「間(あいだ)」、
空想と空想の「間(はざま)」・・・。
私は、誰もが気づかない「間(あわい)」、
誰もがたどり着けない「間(あわい)」を意識化し、
その「間(あわい)」をたゆたうように
身をゆだねられる空間として作品化したいと考えています。

「IsakArt」(イサカート)は日常にふとした「たたずみの場」をつくり、あなたに寄り添うように空間を漂います。日常において誰もが見かけるものや風景が、井坂健一郎氏の感覚を通して「虚」と「実」、「間」や「余白」が曖昧になり、独自の表現により「もう一つの顔」を持つようになるでしょう。「IsakArt」は「空」(くう)の状態を表現し、あなたの生活を豊かなものへと誘います。



井坂 健一郎  
Ken-ichiro Isaka   

1966年 愛知県生まれ
1991年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
1995年 筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻 修了
1999年 筑波大学大学院博士課程芸術学研究科芸術学専攻 単位取得
2010年 公益信託 大木記念美術作家助成基金 授与
現在 国立大学法人 山梨大学 大学院 教授

毎年開催される個展でのオリジナル作品の制作のみならず、文化庁事業の企画や様々な企業との共同制作、建築デザイン、商品開発やプロデュースなど、多岐に渡る活動を行っている。七沢研究所グループにおける書籍の装幀、Nigiなど、独自の視点から製品のアートワーク、ロゴの制作などを行っている。
  • 【売約済】井坂健一郎 間(あわい)にたゆたう 別天水使用 水彩画 -1709D(直径20cm)

  • AR016
  • 0円(税込)
  • 在庫なし
  • ※売約済

    本作品は、2017年11月に井坂 健一郎 展“間(あわい)にたゆたう”で展示された一点物の作品。全作品の裏側にIsakArtのロゴ入りチタンプレートを内蔵しており、その中チップが含まれています。チップには、空間のイヤシロチ化、創造性、感受性の最適化など様々な構文が含まれています。
    ※実際に展示会で使用された作品のため裏面に若干のキズ、スレ等がございます。

    ■作家コメント
    日常、身の回りに様々な「間」が現れます。
    物理的な「間(ま)」、時間と時間の「間(あいだ)」、
    空想と空想の「間(はざま)」・・・。
    私は、誰もが気づかない「間(あわい)」、
    誰もがたどり着けない「間(あわい)」を意識化し、
    その「間(あわい)」をたゆたうように
    身をゆだねられる空間として作品化したいと考えています。

    「IsakArt」(イサカート)は日常にふとした「たたずみの場」をつくり、あなたに寄り添うように空間を漂います。日常において誰もが見かけるものや風景が、井坂健一郎氏の感覚を通して「虚」と「実」、「間」や「余白」が曖昧になり、独自の表現により「もう一つの顔」を持つようになるでしょう。「IsakArt」は「空」(くう)の状態を表現し、あなたの生活を豊かなものへと誘います。



    井坂 健一郎  
    Ken-ichiro Isaka   

    1966年 愛知県生まれ
    1991年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
    1995年 筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻 修了
    1999年 筑波大学大学院博士課程芸術学研究科芸術学専攻 単位取得
    2010年 公益信託 大木記念美術作家助成基金 授与
    現在 国立大学法人 山梨大学 大学院 教授

    毎年開催される個展でのオリジナル作品の制作のみならず、文化庁事業の企画や様々な企業との共同制作、建築デザイン、商品開発やプロデュースなど、多岐に渡る活動を行っている。七沢研究所グループにおける書籍の装幀、Nigiなど、独自の視点から製品のアートワーク、ロゴの制作などを行っている。
  • 【売約済】井坂健一郎 間(あわい)にたゆたう 別天水使用 水彩画 -1709D(直径20cm)

  • 販売価格 0円(税込)
  • 商品コード: AR016
  • ※売約済

    本作品は、2017年11月に井坂 健一郎 展“間(あわい)にたゆたう”で展示された一点物の作品。全作品の裏側にIsakArtのロゴ入りチタンプレートを内蔵しており、その中チップが含まれています。チップには、空間のイヤシロチ化、創造性、感受性の最適化など様々な構文が含まれています。
    ※実際に展示会で使用された作品のため裏面に若干のキズ、スレ等がございます。

    ■作家コメント
    日常、身の回りに様々な「間」が現れます。
    物理的な「間(ま)」、時間と時間の「間(あいだ)」、
    空想と空想の「間(はざま)」・・・。
    私は、誰もが気づかない「間(あわい)」、
    誰もがたどり着けない「間(あわい)」を意識化し、
    その「間(あわい)」をたゆたうように
    身をゆだねられる空間として作品化したいと考えています。

    「IsakArt」(イサカート)は日常にふとした「たたずみの場」をつくり、あなたに寄り添うように空間を漂います。日常において誰もが見かけるものや風景が、井坂健一郎氏の感覚を通して「虚」と「実」、「間」や「余白」が曖昧になり、独自の表現により「もう一つの顔」を持つようになるでしょう。「IsakArt」は「空」(くう)の状態を表現し、あなたの生活を豊かなものへと誘います。



    井坂 健一郎  
    Ken-ichiro Isaka   

    1966年 愛知県生まれ
    1991年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
    1995年 筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻 修了
    1999年 筑波大学大学院博士課程芸術学研究科芸術学専攻 単位取得
    2010年 公益信託 大木記念美術作家助成基金 授与
    現在 国立大学法人 山梨大学 大学院 教授

    毎年開催される個展でのオリジナル作品の制作のみならず、文化庁事業の企画や様々な企業との共同制作、建築デザイン、商品開発やプロデュースなど、多岐に渡る活動を行っている。七沢研究所グループにおける書籍の装幀、Nigiなど、独自の視点から製品のアートワーク、ロゴの制作などを行っている。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

Copyright © 2019 neten株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ