パソコン用の画像
スマートフォン用の画像
黒曜石リング
黒光(こっこう)

“身に着ける神器”、誕生。

ご購入はこちら
※ログイン後ご覧ください。


米シリコンバレーの大企業を筆頭に、「マインドフルネス」といった瞑想を
日常に取り入れることが当たり前となった今。

「意識」をメンテナンスすることの重要性は、日増しに注目されています。

感染症の世界的な拡大、衰退してゆく経済、相次ぐ自然災害といった
昨今の情勢は、人々がこの「意識」に向かうことをますます加速させているようです。


それはまた、人類が一刻の猶予もない時代に入ったことを意味します。

瞑想や精神的な修養を経ずして、
人類の意識は、【今すぐに】目覚めなければならない。

そんな時代の要請の中、平安の世より800年間宮中祭祀を司った
白川伯王家に伝承される「神器」を使用した瞑想法である<鎮魂>と
日本・山梨の国宝級の職人の手が奇跡的に交わり、

身に着けることで瞑想の究極の境地へといざなう 現代の神器、「黒光(こっこう)」が誕生しました。


その秘密のすべては、当社の七沢賢治代表に伝統的な「鎮魂」を伝えた
奈良毅氏による、次の言葉にあります。


「輝ける闇・・それは、黒光(こっこう)である。」


鎮魂の極意と、「時間(エネルギー)をかけずに物事を成就する技」を
ここに開示いたしましょう。

マインドフルネスと「鎮魂」、その明らかな違い

今話題の「マインドフルネス」。

その源流は、自己のありのままを観察することによって真理を悟る
「ヴィパッサナー」という瞑想法です。

「お釈迦様が悟った瞑想」ともいわれ、
仏教の真理とされる無常・苦・無我を洞察することで、一切が「(くう)」であると
悟ることを、いわば「ゴール」に据えた瞑想法であるといえます。


一方、日本にも、古より続く「瞑想」がありました。

平安~幕末まで神祇伯をつとめた白川伯王家に伝わる修練法の一つ
「自修鎮魂」という作法です。

続きはログインしてお読みください。
ログイン・無料会員登録はこちら

Copyright © 2020 neten株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ