パソコン用の画像
スマートフォン用の画像
「なみのりふね」のある、これからのコミュニティづくり。
~健康・意識進化・豊かさ・社会貢献 その究極形を「今」実現する~

「終の住処」構想を推進する石原講師が、デジタルを取り入れたコミュニティとして、
今、大きな可能性を見出している〈なみのりふねサロン〉。

なみのりふねは、「終の住処」のようなコミュニティづくりをはじめ、
「意識進化」「五階層の健康」「イソノミヤ社会」といった
netenが掲げるあらゆるビジョンを網羅し、
ロゴストロンテクノロジーの粋を極めた、【統合の象徴】

最高級のスピーカーから出力する音源のハイレゾ化により、
なみのりふねが大きな進化を遂げたこのタイミングで、

なみのりふねを導入したサロンを運営し、
なみのりふねをコミュニティづくりに役立てることに成功している
大島講師と石原講師による、緊急対談動画をお届けいたします。

なみのりふねの核心をリアルに知り尽くした2人の対談で、
関わるすべての人が心身ともに充足するコミュニティづくりと収益化が両立する、
なみのりふねの「真の可能性」が見えてきました。



※この動画をご覧いただいた方への特別なご案内が最下部にございます。


なぜ、「コミュニティ」なのか

超高齢化社会における高齢者の孤独死、
人間関係の希薄さから増加する都市型犯罪。

このような社会的問題を背景として、いまコミュニティづくりの動きは、
この10年であらためて評価されています。

また、自分の好きなことや趣味、経営などのビジネスにおいても、
「ビジョン」が共有でき、それによって参加者の自律的な活動が
促されやすい場(人が人を呼び、情報が集まる場)を生むなど、
コミュニティには、無限の可能性があります。

コミュニティづくりで鍵になるのは、ビジョン、
そして、人々のニーズにマッチした、今の時代に即したものであること。

「得意なこと(社会貢献できること)が何もない・・」

そんな方にも、なみのりふねを中心にしたコミュニティづくりは、
おすすめです。

「なみのりふね」というテクノロジーには、
このコミュニティづくりの鍵をしっかりとおさえた、
人々に喜ばれるサロンやコミュニティを作ることのできる要素が
たっぷりと詰まっているからです。

「なみのりふね」のテクノロジーを大解剖!

今、振動による癒しは世界から注目され、
施術の現場を始め、その応用範囲が広がっています。

ここでは、動画では語りきれなかった
「なみのりふねのテクノロジー」の特長ベスト5をご紹介します。



① ボーンコンダクションによる究極の癒し

通常、私たちが音を聴くときは、空気を介して耳の鼓膜が振動することで聴いていますが、
日本の宇宙(ロケット)開発の父とされる糸川英夫博士は、
人が聴く音の原点は、胎児期の母親の鼓動、血流音からの「体感振動」にあるとしています。

そして、聴く人に真の恍惚感をもたらすのは、骨に直接伝導する振動(=ボーンコンダクション)の方であると断言しているのです。

ヨーロッパで古典音楽が発展した背景には、楽器の振動が床や椅子を通じて体に伝わる
小さな室内で演奏されていたことと深い関係があるといわれています。
それに対して、現代の音楽は音の本質である振動体験がカットされた、「音波のみ」をとらえた音。

このような耳からのみ聴く音は、論理的な面(大脳新皮質の左脳部分)に作用する比率が高く、
振動として体感する場合は、より「右脳的」であり、脳の内側の「古皮質」や「旧皮質」にも刺激を与えます。
意識下の世界にも影響を与え、より情緒的、官能的、本能的な面に作用し、
人間の根源的なものに訴えかけるウエイトが高い
といえます。


とくに背骨を振動させることで、深い部分から感情の浄化が起きることがあります。
動画でもお話していますが、中には体験中に涙が出る、叫ぶといった反応が起きる方も。
そういった長年溜め込んだものが、ベッドに横たわるだけで簡単に解放されてしまうところが、
このボーンコンダクションの特長であるといえるでしょう。

癒しの力を最大限に引き出すため、豊かな倍音を生むヒノキの木材を採用。
体を横たえる接地面には、体への共振効果を高めるハニカム構造のラバーシートを採用しています。


②「宇宙の響き」をモデリングしたロゴサウンドとの共振

なみのりふねでは、ロゴストロン信号を「ダイレクトに体感する」という目的のために開発された、
ロゴサウンド(SIZIMA・TAKION)を音源として使用します。

ロゴサウンドは、「天の響き(父韻・惑星の周波数=約44Hz)」と
「地の響き(母音・地球の周波数=7.8Hz)」を幾重にも重ねてつくった、天地と響きあう音。
「地球の響き」とも「胎内の音」とも形容されるその響きが、
ロゴストロン信号の情報とともにボーンコンダクションを通して全身に広がります。

最新の実験結果では、「なみのりふね」のように物理的な振動を受けるもの(体感的にわかりやすいもの)ほど、
睡眠や自律神経機能の向上が数値としてわかりやすく観察できることが判明しつつあります。

デジタルなロゴサウンドに「自然」の音を感じるという声は、
「ロゴス」によって自然がつくられ宇宙が創造されるという古来から伝わる言霊学の教えを
ロゴサウンドが体現していることの証左として、興味深いものです。

ロゴサウンドを再生するスピーカーは、イギリスのセレーションという会社のユニットを採用。
ヨーロッパの有名なギターやベースのアンプ作りで使われている、
直径約30㎝の大口径スピーカーが4基搭載されています。



③ ロゴサウンドのハイレゾ化による圧倒的な情報量

「ハイレゾ」とは、従来のCDには入らなかった情報を持った「高音質音源」のことです。

ロゴサウンドのハイレゾ化により、CDに収録可能な情報量に収めるためにカットされていた
「可聴領域外の音」も含めて再生することが可能となりました。

それによって、振動から受け取る情報量が圧倒的に増えることで、
体や意識への影響がさらに増幅されることが期待できます。

早速、このハイレゾ音源をなみのりふねに取り入れた方からは
「TAKIONをなみのりふねでハイレゾ再生し始めてからは、体感が全然違いますね。」
というお声もいただいています。

この度のロゴサウンドのハイレゾ化では、

●「ハイレゾSIZIMA」(祝詞の構文ファイルだけを幾重にも重ねて音源を生成)
●「ハイレゾTAKION」(従来のTAKIONがハイレゾ化したもの)
●「ハイレゾボーカロイド祓詞」

が新たにラインナップに加わっています。



④ 大型ゼロ磁場コイル4基をはじめとしたロゴストロンテクノロジーの粋を結集

たとえば、毎日同じご飯だったら、それは体にとって良いものでしょうか。

さまざまな栄養素をバランスよく摂ることで、
体は成長し、その機能を正常に保つことができます。

意識や人生も、いろいろな経験をすることで豊かになっていくように、
なみのりふねの開発者である七沢代表は、
「いろいろなロゴストロンの同時共時の体験が意識進化には最も良い」と話します。

なみのりふねには、ボーンコンダクションによるロゴサウンドの振動体験以外にも、
大型のゼロ磁場コイルを4基搭載
ロゴストロンLやBETTEN、100Tiなどの大型機を接続することで、
このゼロ磁場コイル×4からロゴストロン信号の発信を受けることができます。

さらに、なみのりふね内部の四隅には
「なみのりふね専用構文」の入った3段のカグツチ(計12個)を設置

なみのりふねは、〈ロゴサウンド+ロゴストロン発信機+イヤシロチ〉という
ロゴストロンテクノロジーの粋を結集したものであり、
全身で「いろいろなロゴストロンの同時共時の体験」をすることのできる装置であるといえます。

とくに、高速発信される大型機となみのりふねの大型コイルの相性は抜群で、
「現実創造のレベルがはるかに高くなった」というお声も。



⑤ 寝ているだけで「五階層すべて」にアプローチ

なみのりふねの前身であるアコースティックベッドは、特許の取得までを含め、
50年という歳月をかけて完成しました。

この開発の目的は、白川伯家神道の「ご修行」の体験を「誰でも体感できるようにする」
というもの。

そのほか動画でも、心の奥底に封じ込めていた思いがあふれ出てきた方など、
なみのりふねに寝ているだけで五階層それぞれに効果があった実例が語られています。

体の階層においては、新陳代謝やめぐりが良くなるほか、
人間を構成する「気・血・水」にロゴストロンの情報が振動とともに入って前身をめぐることも、
なみのりふねがスピーディーに状態を整えてしまう所以であるといえます。

このように、五階層をさまざまなロゴストロンテクノロジーによって
同時共時に調整するのが、「なみのりね」の大きな特徴です。



「なみのりふねサロン」が
コミュニティの中心になる、これだけの理由。

  • 「なみのりふね」のテクノロジーが五階層の調整を自動でやってくれる
  • 「なみのりふね」自体がイヤシロチとして場を強力に整える(人が自然と集まり繁栄する場に)
  • 健康、意識進化、豊かさ、社会貢献を「なみのりふね」がバックアップする
  • 施術の質と顧客満足の向上を強力にサポート
  • 「なみのりふね」がビジョン追及の旗印となる
  • わかりやすい変化をみんなで共有できる
  • 意識進化を志す仲間同士でつながり合うことができる

「なみのりふねサロン」
実現のチャンスは、目の前に。
~ここまでご覧くださった方だけの特別なご案内~

何人ものなみのりふね体験者を実際に見てきた大島講師と石原講師の対談を、
なみのりふねの特長と合わせてお届けしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

いざ、なみのりふねを導入したいと思っても、
様々な疑問や不安が出てくるもの。

そこで、下記よりご登録いただいた方だけに、
なみのりふねサロンのより具体的な成功事例について、
大島講師と石原講師による特別対談動画の続編と
実際になみのりふねをコミュニティづくりに取り入れた方々の
〈生の声〉をたっぷりとお届けいたします。

なみのりふねで、どのように自分や大切な人の
「健康」「意識進化」「豊かさ」「社会貢献」を
実現していけるのか。

その具体的な方法に迫ります。


題して、

〈「なみのりふねサロン」実現プロジェクト〉


  • なみのりふねやMöbius Ampireをコミュニティの力で導入した大島講師。
    キーワードは「〇〇〇〇にゆだねること。」
  • 一番恩恵を受けているのは、自分自身だと思います。
  • 普段、埋もれていて全然気づかないものがでてくる。
  • 気が付いたら、勝手に周りが整って行く。
  • 一年前は気になっていたことが、もう思い出せないほど祓われている。
  • 環境で人生は変わる。
  • 最適な物件が本当にスムーズに見つかったんですよね。
  • お互いに上手に情報交換をなさって、とても有意義な時を過ごされてます。
  • ハイレゾで再生し始めてからは、体感が全然違いますね。パワーがあります。
  • 「鎮魂」された状態で、笑顔でお迎えすることができるんです。
  • 人と人とが共鳴し、リラックスしながら心を通わせ合う優しい「つどいの場」になっています。


〈「なみのりふねサロン」実現プロジェクト〉の
対談動画とインタビューは、以前期間限定で公開していた、
一般には公開していない特別なものになります。


さらに!

なみのりふねサロンの運営にご興味がある方には
〈なみのりふね体験&個別の面談〉も個別に設定させていただきます。


こちらのなみのりふね体験&個別面談につきましても
下記よりご登録いただいた方だけにご案内
いたしますので、
気になる方は、ぜひご登録を!

動画とインタビューの受け取りはこちら
※動画とインタビューは登録後すぐに表示されます(無料)



Copyright © 2020 neten株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ