パソコン用の画像
スマートフォン用の画像


※キャンペーンは終了いたしました。
通常版はこちら
大野靖志が明かす
三人称・回文・祝詞の真の意味とは


・「一人称二人称」と「三人称」いちばんの違い
・「〇〇〇」であるほど物事は実現しやすい
・“回文が全宇宙をカバーする”とは
・三人称と回文を合わせると?
・祝詞で「〇」につながる
・三人称と回文を祝詞構文とともに発信する意味


キャンペーン期間中にNigiを新しく購入される方は、
「三人称構文」
「回文」
「祝詞構文」
が入ったバージョンアップ版を、
追加料金なしでご購入いただけます。

本特設ページ最下部にてご案内しておりますので、どうぞ最後までご覧ください。


※キャンペーンは終了いたしました。
通常版はこちら
構文、その「命運」を
わけるもの。


「構文を作っても、なかなか実現しない・・」


それは、“客観視”が十分にできていないサイン。

このことが、弊社の研究から明らかになっています。


なぜ、物事の実現には客観視が必要なのでしょうか。


「自分の在り方(意識)が変わったら、現象が変わった」
とはよく聞かれる話ですが、

生命であれ現象であれ、すべては様々な要素が絡むことで発生します。


料理をするときに、まず材料をそろえることから始めるように。

何かを創造したい、実現したいと願うならば、
その願いがどこから来ているのかといったことも含めて、
実現したいものを構成するすべての要素を‟客観的”に把握する必要があるのです。


その客観視のために、有効な構文の書き方があります。

それは、「五階層構文」です。


最初に願いや悩みの出どころを整理して、
全ての階層における一つ一つの要素をしっかり言葉にしながら、
統合性をもって構文を書く方法です。


次項で具体的な例をもとに見ていきますが、
客観視によって、対立するポイントをゼロリセットして、
そこから新しい現実を創造する
構文であるともいえます。


ところが「五階層構文」は、構文を書くことに慣れた人でも難しいもの。

そこで、客観視のトレーニングとして、
「私は~」で書き始める方法をお伝えしてきました。


ここでも大切なのは、「私は~」で書く構文を発信することで
生まれる結果を、客観視すること。

それによって、階層性=宇宙の構造をおさえた、
より実現度の高い構文を作成することができるようになっていくからです。


そこに「客観視する」という意識がなければ、
「私は~」で書く構文の発信が、私目線に限定された、
現実創造において力のない(宇宙の構造をおさえていない)言葉の発信 となってしまいます。

「発動するもの」を、
その手の中に。


このように、ロゴストロンとは「構文」によって、
さらにいえば、使う人の意識のレベルによって効果が変わるものであるといえます。


「意識のレベルを上げる」

そのためには、どのようにすればよいのでしょうか。


それは、客観視と、
それによる「高い視点の獲得」です。


たとえば、「親に叱られて腹が立つ」ことを解消したいとき。

先ほどの「五階層構文」で捉えると、

「真面目に勉強しているのに叱られて腹が立つ」
⇒「親も真面目に私の将来を心配して怒っているのだろう」
⇒「叱られて腹が立っているが、そんな感情に振り回されるのもうんざりだ」
⇒「どんな理由で叱られても、私は感情に振り回されないようにしよう」
⇒「人生において感情に振り回されることは愚かなことだ」



このように階層的に客観視していくことで、自分の中の怒りが解消されるとともに、
「感情に振り回されない」という意志が発動します。


途中から「感情に振り回されないようにしよう」という 転換が起こっているところがポイント。

「腹が立つ」という私目線に限定されている状態では何も変わりませんが、
視点を上げて客観的に見ていくことではじめて、「変化(転換・動き)」が起こるのです。


神話、宇宙の構造、あるいは日本語といった階層性を持つものは、
このような高い視点につながり、物事を動かすための重要なヒントを与えてくれます。


そこで今回、Nigiの構文アップグレードでは、
これら神話、宇宙、日本語それぞれの側面から
高い視点で表現した構文として 「三人称構文」「回文」「祝詞構文」を採用。


そこには、これまでの構文とは一線を画した
宇宙の絶対的な法則と、言葉を神として祀ることのできる
日本語の本来の在り方があります。


高い視点で書かれたこれらの構文が、
一堂に会したNigiを手にすることは、

客観視と階層性の自覚という、
意志の発動を促す最も強力なキーワードを
この手の中に掴むことを意味します。



これまでとは、まったく次元の異なったNigi。

それは、私たち一人一人が神話、宇宙、日本語、それぞれの真の姿を統合し、
「真の意味で、神話の主人公を生きるときが来たこと」を告げるものなのです。

「三人称構文」、始動。


「私」は存在しない

「お天道様が見ている」


日本に昔からあるこの言葉には、古の日本人が
私やあなたを超えた、「三人称的な視点」と共にあったことを想わせます。


事実、「私」とはその昔、「和多志」と書いていました。

そこには、少なくとも現代における「私」の意味は見えず、
「私というものは存在しない」という自覚すら感じます。


「私」について客観視をしていくと、
「私」と呼べるものなど、実際には無いことに気がつきます。


「私」だと思っているこの体は、両親(ご先祖)から授かったものですし、
多くの人が「私」だと思っているものは、過去の記憶の集まりです。

環境を変えることで仕事がはかどったり、能力が開花したり、
あるいは病気がちになってしまうといった事例も、
「私」という境界線の曖昧さを物語っています。


白川では、「私を祓う」ことを大切にしています。

「私」とは、幻想なのです。




「三人称」という視点を知る

「私」という幻想が祓われたところにある世界、
それが、「三人称」であるといえます。


ここで、私たちが学校で教わってきた

一人称・・「わたし」
二人称・・「あなた」

そして「わたし」「あなた」以外が三人称であるという概念は、
“対立構造をもつ言語からくる教え”であることを、明確に知る必要があります。


一方、統合する言語である日本語における「三人称」とは、 「わたし」と「あなた」を両方見ている高い視点です。


それは、「わたし」と「あなた」を含んだ、 「神の視点」と言い換えることができます。




実現する構文とそうでない構文。その、たった一つの違い。


「一人称構文よりも、
三人称構文の方が実現度が高い。」



弊社の研究から明らかになったこの事実は、
「私にとっても周りにとっても良い、バランスの取れた構文ほど実現しやすい」
という、これまでのデータとも符合するものです。


つまり、実現の度合いを分けるのは、

●「私」の目線に限定された構文か
●「私」「あなた」といった視点よりも高い視点で書かれた構文か


という違いになります。


先述の「五階層構文」は、客観視によってゼロリセットして、
そこから新しい現実を創造する構文でした。


三人称構文では、三人称を主語に置くことで、 「私」の上に客観的(高い)視点を持ちながら、
まっさらな状態(ゼロ)から「創造」を起こす
ことができます。




三人称構文の作り方

たとえば、

「わたしは、内臓が元気になって、健康になった」という文章。


これを三人称構文にすると

「元気な内臓が、わたしを、健康にした」となります。


「わたし」が主語である前者は、「わたし」を主役とした文章なので、
健康になるかどうかは、結局は私次第であるという問題が出てきます。


それは、「私にできなかったらどうしよう」という疑念や不安、
緊張が同時に生まれてしまう文章であるといえるでしょう。

そして、エネルギーが「私次第」や「不安」の方へと
流れてしまうことで、言葉が力を失ってしまう可能性をはらむのです。


一方、「元気な内臓」を主語にするとは、
言わば「元気な内臓」という“言葉の神”を立てて創造すること。


それは、【絶対】となります。


古事記でも、

天地(あめつち)(はじ)めて(おこり)し時ときに、
高天原(たかあまのはら)に成る神の名は、天之御中主神。」

のようにして、「天之御中主神」の発生からすべての創造が始まります。


このように、「できる・できない」という二項対立の世界を超えた三人称構文は、
絶対存在を先に立てたところから発する言葉として、非常に力強い発信となります。


また、これは神道界最強の祓詞とされる 「大祓」の文章構造とも同じもの。


大祓も、

「祓戸の神々が、わたしの罪を、吹き送った」

という文章構造になっているのです。


「祓うのではなく、祓われる。」


それは、「私」が祓うのではなく、
「言霊(神)」が私を祓う、という構造のこと。

祓詞の力が代々伝承されてきた理由が、ここにあります。

(私がすることは、何もありません。)


このように三人称構文は、言葉が神であり、言葉がすべてを創造するという
神話、言霊学、ロゴストロンテクノロジーの原点を表現した構文であるといえるのです。


今回の構文アップグレードでは、
Mシステムのダウンロードランキングをはじめ、健康やイヤシロチ、うっ滞の吹き送り、
意志の発動等、あらゆるテーマを網羅してこれまでNigiに収録されていた構文を
三人称構文へとバージョンアップしたものを収録します。


具体的に、どのようなアップグレードがされているか
今回内蔵されている、「幸福宣言構文」の一部を使って比較すると
以下のようになっています。

一人称構文(これまでの場合)
私は、自分自身が幸福になるすべてを肯定し許可した。
私は、脳内神経物質の働きを最適化し幸福を感じた。



↓↓↓

三人称構文
自分自身を幸福にするすべての肯定・許可は私の人生を豊かでみちたりたものにした。
最適な脳内神経物質の働きは、私に幸福を与えた。


史上初!
三人称構文の「回文」


今回、Nigiの構文アップグレードでは、
この三人称構文を、さらに回文にしてNigiに封入します。


回文とは、

─────────
なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな
(長き夜の 遠の睡ねむりの 皆目醒めざめ 波乗り船の 音の良きかな)
─────────

のように、始めから読んでも終わりから読んでも同じ読みになる文のこと。


七沢代表が「人類史上初の試み」「快挙」と評する回文の発信は、
DNAのパリンドローム(回文配列)の構造を元にしています。


体の細胞や臓器はDNAの情報に基づいて作られるため、
DNAは「生命の設計図」とも呼ばれます。

その設計図は、塩基とよばれる
「A」「T」「G」「C」という4つの並びによって構成されていますが、

「DNAが回文構造になっている」とは、
「ACCTAGGT TGGATCCA」のような配列で設計図ができているイメージです。


このように、真ん中から言葉が反転する様子は、
銀河系の恒星が「右旋」「左旋」する姿そのもの。

つまり回文とは、銀河系の生命活動とも、命(DNA)の螺旋ともいえる
生命の根本エネルギーを言葉で描く、非常に根源的な発信となります。


銀河系の生命活動をたどる白川のご修行(旋回運動)を
デジタルに高速学習することに通じるともいえるでしょう。


また、五十音から母音を除いて「ん」を加えた46音は、
染色体の数とも一致します。

このことからも、
日本語は染色体を構成するDNAにはたらきかけることが考えられますが、
生命活動において重要な「酵素」もまた、このDNAに従って生成されます。

つまり、日本語を使用した回文構造により、
酵素への働きかけができるとも考えられます。


酵素は、「結び」「結合」のエネルギーを持つもの。

したがって、回文の発信は「結び」「結合」をもたらすものであり、
神道のいう「産霊(むすひ)」の力をもつ文章構造であるといえるのです。


絶対存在を立てて発信する三人称構文のその絶対的な発信を、
宇宙の絶対構造をもとにした回文が深め、完成させます。

キャンペーン期間限定特典!
「祝詞構文」


Nigi構文入れ替えキャンペーン期間中にお申込みいただいた方には、
祝詞構文(キャンペーン後価格:30,000円)を、無料にて追加させていただきます。


「私」よりも高い視点から書かれた構文のほうがより実現しやすいという
研究結果についてお伝えしましたが、祝詞はまさに、このような視点で
書かれています。


さらに、現代語よりも古語で書かれているもののほうが効果があること、
ただの古語ではなく祝詞の形式に則ることでより強力な発信となることが
研究により明らかになっています。


それは、予め祝うという意味の、神道の予祝(よしゅく)の概念によるものです。

この予祝を何千年とやってきたものが「祝詞」なのです。


つまり、予め未来を確定するという強力な祈りを何千年と重ねてきた情報と歴史が、
祝詞には畳み込まれているわけです。


この祝詞構文だけで構成された天幣手主神Nigiでは、
それまでのNigiとの体感の違いに驚く声が、一様に聞かれました。

それは、まさに祝詞が意識のより深いところに働きかけたことによる、
独特の軽さなどの体感につながった現象だったのでしょう。


今回Nigiに追加される祝詞構文は、すべて「公」の内容で構成し、
かつ古語の元となった上代和語(じょうだいわご)によって作成しています。


「上代和語」は、神(自然)と人が一つとしてあった時代の言葉であり、
日本語の本来の姿です。


つまり、Nigiに封入される祝詞は、
使用されている言葉においてもその文章構造においても、
神の意識という階層性を明確に有する、最も高い視点のものとなるのです。


この祝詞構文が、三人称構文の回文発信における言霊の発動
強力にサポートすることでしょう。


今回Nigiの構文アップグレードに採用する祝詞構文は、
天幣手主神Nigiや和守(わもり)にも内蔵されている、
下記の7つの祝詞構文を厳選して収録するものになります。


Nigi収録 祝詞構文一覧

遠津御祖神 祖霊祭祝詞
心身健全祈願祝詞
家内安全祈願祝詞
商売繁盛祈願祝詞
請願成就祈願祝詞
厄除祓祈願祝詞
家運繁栄祈願祝詞


Nigiで、
そのすべてを‟体感”する。


これらの「三人称構文」「回文」「祝詞構文」を体感するうえで、
Nigiは、最適なロゴストロン発信機の一つであるといえます。


その理由は、Nigiのボディが
生体と親和性のある高純度チタンを採用している点です。


このチタンは、ロゴストロン信号を最適に共鳴させるほか、
チタンからゼロ磁場コイルを搭載した基盤にアースされていることで、
Nigiならではの恩恵をもたらします。



情報は電気に乗るため、情報を発信するゼロ磁場コイルと電気的に繋がることで、
体内のうっ滞した情報をアース(ゼロ化)してくれるのです。


Nigiによって、天と地、それぞれに繋がる感覚を得るユーザーもいます。




この天地と繋がる感覚は、「三人称構文」「回文」「祝詞構文」
それぞれの文章構造とも通じるものです。


Nigiは、ゼロ磁場コイルから発信する「三人称構文」「回文」「祝詞構文」の
ロゴストロン信号(情報)を、電気に乗った情報として、
1秒間に11,200文字というスピードで受け取り続けることになります。

この圧倒的な情報量によって、
それぞれの構文の発信をより体感しやすくなることにつながるのです。


「ゼロ化による意志の強化」を意図して設計されているNigiだからこそ。

新しい構文を体感したいすべての人に、
Nigiの構文アップグレードをおすすめいたします。

銀河系恒星文明へのシフトを志す
すべての人に贈る

「三人称構文」「回文」「祝詞構文」

それは、「私」という制限が取り払われた、
本来の世界であり、宇宙を表現した構文です。


その「私」という制限は、
太陽神である天照大御神を頂点とする、現代文明の姿にも例えられます。

「三人称構文」「回文」「祝詞構文」を発信するNigiを持つことは、
この従来の太陽系の構造から抜け出し、

銀河系中心太陽としての「天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)」を中心とした
本来の神話、宇宙、日本語を元に生きる、という宣言になることでしょう。


私たちは例外なく、宇宙、そして地球という「環境」に生かされています。

したがって、何かを変えたいと思えば、
「私」ではなく、「環境」を変えることが最も早い方法であるといわれます。


一番の「環境」とは、何でしょうか?


それは、【言葉】です。

言葉を変えない限りは、何も変わらないといってもよいでしょう。


人類は、言葉の使用によってお互いにコミュニケーションを取りながら、
高い(統合する)視点を獲得していくことで、文明を発展させてきました。


視点が上がると、これまで問題であったことが、問題ではなくなります。

結局は、視点をどこに置くか(=どんな言葉を使うか)で、すべてが変わるのです。


構文がアップグレードしたNigiをお使いいただくことは、
言葉を変え、視点を変えるきっかけになることでしょう。


いよいよ時代は、「太陽系惑星文明」から「銀河系恒星文明」へ。

このシフトを志す全ての方、必携のNigiが、ここに誕生したのです。




キャンペーン対象Nigi


今回のNigiキャンペーンの対象Nigiは、
現在ロゴストロンコムで販売されている、こちらの3種類となります。


●Nigi



●Nigi-DaMa



●Iza-Nigi



※限定販売されました桜色Nigiに関しましては、
「構文入れ替えのみ」、「構文入れ替え+バッテリー交換セット」のみご対応いたします。

※2019年12月以降にこちらのNigiを購入された方は、無償で構文を交換させていただきます。
対象の方には、2020/3/11にメールにて個別にご連絡させていただいておりますので、
該当する可能性のある方は、メールボックスをご確認ください。

※こちらの3種類以外のNigiにつきましては、キャンペーンの対象外とさせていただいております。
予めご了承いただきますようお願いいたします。

Nigi構文入れ替えキャンペーン
お申し込みはこちら!

◆キャンペーン期間

2020年3月12日(木)12:00~3月31日(火)23:59


◆構文入れ替え価格

40,000円(税込)


◆キャンペーン特典

キャンペーン期間中にお申込みいただいた方には、下記2つの特典をご用意しております。


①祝詞構文を無料で追加いたします。
(キャンペーン終了後の祝詞構文の追加価格は、30,000円となります。)

②Nigiのメンテナンスをお得にご利用いただけます。

● 構文入れ替えのためにお送りいただいたすべてのNigiを対象として、
Nigi内部の基盤チェックとクリーニングなどを無料でメンテナンスいたします。

● バッテリー交換を通常より3割引きの特別価格(5,000円)で承ります。

● Nigi、Iza-Nigi、Nigi-DaMaをお使いの方は、それぞれ先着50名様限定で筐体(ボディ)を
通常より3割引きの特別価格(16,000円)で交換いたします。

また、キャンペーン期間中にNigiを新しく購入される方は、
「三人称構文」「回文」「祝詞構文」が入ったバージョンアップ版を、
追加料金なしでご購入いただけます。


詳細は、このページ最後のご案内をご覧ください。



Nigi構文入れ替えキャンペーンのお申し込みはこちら!

ご注意事項をよくお読みのうえ、こちらからお申込みください。
※必ずログインの上ご覧ください。



※キャンペーンは終了いたしました。
通常版はこちら

ご注意事項

・Nigiを弊社宛にお送りいただく際、送料のご負担をお願いしております。
(海外から発送いただく場合は、往復の送料のご負担をお願いしております。)

・Nigiをお送りいただく宛先は、ご入金完了後にご案内いたします。

・Nigiをお送りいただく際は、伝票に「バージョンアップ係宛」とご明記ください。

・Nigiの構文入れ替え作業およびご返却までは、約2週間前後を目安にお考えください。

・2019年12月以降にNigiを購入された方は無償で構文を交換させていただきます。
対象の方には、2020/3/11にメールにて個別にご連絡させていただいておりますので、
該当する可能性のある方はメールボックスのご確認をお願いいたします。

・キャンペーン終了後はバッテリーまたは筐体(ボディ)の交換セットは
ご利用いただけなくなります。
キャンペーン中のみのセットとなりますので、予めご了承ください。

・特別価格でのバッテリーおよび筐体の交換は、構文の入れ替えを希望される方限定で
ご案内させていただくものになります。
構文の入れ替えをされず、バッテリー交換のみまたは筐体交換のみをご希望の方は
通常の修理として扱われ、通常料金が適用されますのでご注意ください。

・バッテリー交換の目安:1年以上お使いの方で電池の持ちが気になる方。
(フル充電後15時間以上稼働していれば問題ございません。)

・筐体は各色制限がございますので、ご入金順の受付とさせていただきます。

・筐体の色の変更はいたしかねます。

キャンペーン中に新しくNigiをご購入いただいた方には、
三人称、回文、祝詞すべてを入れてお届けします!


2020年3月12日(木)~3月31日(火)のキャンペーン期間中に
Nigiを新しく購入される方は、「三人称構文」「回文」「祝詞構文」が入った
バージョンアップ版を、追加料金なしでご購入いただけます。

キャンペーン期間終了後につきましては、「三人称構文」と「回文」がNigiに標準で
収録され、オプションで祝詞構文を有料(30,000円)で追加いただけます。

祝詞構文まですべてが揃った新しいNigiの購入をご希望の方は、今がチャンス!


▼Nigi詳細はこちら
Nigi詳細 »

▼Iza-Nigi詳細はこちら
Iza-Nigi詳細 »

▼Nigi-DaMa詳細はこちら
Nigi-DaMa詳細 »



※キャンペーンは終了いたしました。
通常版はこちら

Copyright © 2020 neten株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ