私はこの手に意思を握る。ロゴストロンNigi(ニギ)

ロゴストロンNigiはこんな方にオススメです。


  • 意識に溜まった不必要な情報のデトックスをしたい
  • 頭の中でいつまでもグルグルし続けている思考を止めたい
  • 他から来る情報によって固められた自分の観念や価値観を手放したい
  • 情報から来る思い込みを解除し「本来の自分」を見出したい
  • 意識をクリアにし、本来の自分の能力を発揮したい
  • 様々な情報に振り回されず、自信を持って決断したい
  • 自分の軸を持ち、物事を自分で決められるようになりたい
  • 意志を実現するために、得た情報を整理・統合したい
  • 意識進化を促進し意志を実現したい
  • 過去の記憶や失敗などの影響を受けずに、自分に自信を持ちたい
  • 過去の失敗やトラウマを断ち切り、今に意識を集中したい
  • もやもや、緊張、不安、イライラを解消しリラックスしたい
  • しっかりとグランディングし、意識の働きを改善したい
  • 人と対面する時の緊張感を払しょくしたい
  • 心身のスッキリ感を得たい


※ログイン後ご覧ください。


情報化社会と呼ばれて久しい現代。
私たちはいま、情報をデトックスする時代へと突入しています。

情報のデトックス…。それは一体何でしょうか?

健康に気を配る方なら、デトックス(detoxification:解毒)をよくご存知でしょう。
デトックスとは、食事等を通じて、身体に溜まった毒素を体外へと排出すること。
毒素を排出し、身体を本来のキレイな状態へと導くこと。

内臓に溜まった毒素は、食事によりデトックスする。

では、情報はどうでしょうか?

現代を生きる私たちは、爆発的な量の情報を毎日浴び続けています。
江戸時代の人が一生掛かって知る情報量を、私たちは一日で受け取っているといいます。

情報量が爆発的に増えたのは、インターネットやスマートフォンが普及し始めてからのこと。せいぜい20年くらいの話です。

当然、そうした莫大な情報に、私たちは日々翻弄されていると言っても過言ではありません。

つまり、意識に溜まった情報のデトックスが私たちには必要なのです

情報には感情が宿っている。
情報には感情が宿っている。

さて、私たちは情報を知識として蓄えてはいけないのでしょうか。 なぜ、情報のデトックスが必要か、もう少し考えてみましょう。

例えば、次の2つを考えてみてください。

お茶碗。
母の形見のお茶碗。

仮に、この2つの茶碗が全く同じデザインだったとして、 後者には、情報にある種のエネルギーが宿っているのがお分かりでしょう。

私たちが普段から目にしている情報には、常に発信する人のエネルギーが宿っています。
純粋な情報のみを受け取っているのではなく、その情報を発信する人のエネルギーも一緒に受け取っているのです。

そのエネルギーは、知らず知らずのうちに、私たちの意識に影響を及ぼし、時に人生を左右します。

私たちは、自分の人生を生きているようで、他者の発する情報によって意識が書き換えられ、ある意味ではバーチャルな人生を生きているとも言えます

他者が発信する情報により、あなたの意識が書き換えられる。

…すると、一体何が起こるのでしょうか。
自分の清明な意志、つまり、“自分” が次第に失われてしまうのです。


自分探し、自分磨き、自己啓発。

こうした言葉が、昨今では当たり前のように使われています。
それは、自分が何者なのか分からなくなっているから…。

他者によってもたらされた情報が意識下に溜まり、自分本来の働きを見失っているのです。

私たちは、本来の自分を見失わないよう、情報をデトックスする必要があるのです。

続きはログインしてお読みください。
ログイン・無料会員登録はこちら

Copyright © 2017 ロゴストロン株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ