パソコン用の画像
スマートフォン用の画像
意識をアース
今この手に“意志”を握る
ロゴストロンNigi

ご購入はこちら
※ログイン後ご覧ください。

ご購入を検討されている方へ(PDF冊子プレゼント)»



ロゴストロンNigiはこんな方をサポートするために生まれました。


  • 意識の中に不必要な情報が溜まっている気がする
  • いつまでも思考がグルグルし続けてしまう
  • なぜか もやもや、緊張、不安、イライラしてしまう
  • 意識をクリアにし、「本来の自分」を見出したい
  • 過去の失敗やトラウマを受け入れ、「今」に意識を集中したい
  • 意識を「今」に集中させ、仕事のパフォーマンスを上げたい

ご購入はこちら
※ログイン後ご覧ください。

ご購入を検討されている方へ(PDF冊子プレゼント)»





情報化社会と呼ばれて久しい現代。
私たちは今、情報をデトックスする時代へと突入しているのではないでしょうか?

情報のデトックス…。

健康に気を配る方なら、デトックス(detoxification:解毒)をよくご存知かもしれません。
これまでの食生活などを通じて、身体に溜まった毒素を体外へと排出し、
身体を本来のキレイな状態へと導くことがデトックスです。


では、情報はどうでしょうか?

現代を生きる私たちは、爆発的な量の情報を毎日浴び続けていると言われます。
江戸時代の人が一生かかって知る情報量を、私たちは一日で受け取っているそうです。

この20年ほどでインターネットやスマートフォンが普及し始めたことが
情報量が爆発的に増えた原因だといわれています。
そうした莫大な情報に、私たちは日々触れざるをえないようになってしまったのは、疑いようのない事実なのです。

しかし、現代においてすべての情報が有益とは言い切れないのもまた事実です。

実際に「デジタル・デトックス」言われる、
一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、
現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする
取り組みの必要性を感じている人が増えています。

このように、意識に溜まった情報のデトックスが求められる時代に変化してきています

情報には感情が宿っている。
情報には感情が宿っている。

さて、私たちは情報を知識として蓄えてはいけないのでしょうか。
なぜ、情報のデトックスが必要か、もう少し考えてみましょう。

例えば、次の2つを考えてみてください。

お茶碗。
母の形見のお茶碗。

仮に、この2つの茶碗が全く同じデザインだったとしても、
後者には、情報から想起される記憶が結びついているのを感じませんか?

私たちが普段から目にしている情報には、
常に情報そのものに付随する記憶や思い出、感情などが宿っています。
このことは、純粋な情報のみを受け取っているのではなく、
その情報に付随する情報も一緒に受け取っているとも言えるのではないでしょうか?

そのような情報は、知らず知らずのうちに、私たちの意識に刻まれ、
無意識に日常生活における判断に影響している場合もあるとことでしょう。

情報は私たちの生活を豊かにしてきました。
しかし、一方でこのように周囲からの情報に意識が影響されてしまうリスクも
否定できない時代になってしまっているのです。


自分探し、自分磨き、自己らしく生きる。

こうした言葉が、昨今では当たり前のように使われています。
それは、情報が溢れすぎている現代において、本当の自分を見失ってしまっているからかもしれません…。

本来の自分を思い出すためにも、情報をデトックスする必要があると私たちは提案しています。

そのためのテクノロジーを活用した意識へのアプローチが、トランステック(意識変容技術)なのです。

続きはログインしてお読みください。
ログイン・無料会員登録はこちら

Copyright © 2019 neten株式会社 All rights reserved. | プライバシーポリシー | 当サイトについて |  特定商取引法に基づく表記 | サイトマップ